再建築不可とはどういう意味があるのか|格安物件を探す

住宅の模型

注意するポイント

模型を持った女性

不動産会社との契約は細かく確認しましょう

不動産を売る場合に注意したいポイントのうち、不動産会社との契約について確認していきましょう。不動産を売る際には、不動産会社の力を借りなければなりません。売却情報を広め、買主を見つけて物件に案内し、契約までサポートしてくれる心強い存在です。その不動産会社との契約の際、まずは売却時期、売却希望価格を明確に不動産会社に伝えることが重要です。また、その不動産会社がどのようにして広告や買主に紹介するのかも確認しておく必要があります。また買主との契約手続きや、物件調査などのサポートを受けられるかも確認しておきましょう。そして仲介手数料を明確にしておくことは非常に重要です。

媒介契約には3種類あります

物件を売る際の不動産会社との契約には、3種類あるということはご存知でしょうか。それぞれ特徴がありますので、確認していきましょう。まず1つ目は専属専任媒介契約です。この契約は仲介を1つの会社だけに依頼するもので、他の会社に依頼することはできません。2つ目は専任媒介契約です。この契約はほぼ専属専任媒介契約と同じですが、自分で見つけてきた買主とは会社を通さずに契約することができます。この上記の2つの契約は拘束力が強いため、契約の有効期間は最大3ヶ月と決められています。また専属専任媒介契約は1週間に1回、専任媒介契約は2週間に1回は最低会社より売主に報告義務が課せられています。そして最後の3つ目は一般媒介契約です。複数の会社に依頼することが可能です。専属専任媒介契約や専任媒介契約と比べ、会社との関係が希薄になる恐れもありますが、最も一般的に結ばれている契約方法です。