再建築不可とはどういう意味があるのか|格安物件を探す

夫婦

サイトを比較する

二人の男性

マンション管理会社を選ぶ場合、不動産会社が紹介してくれたところよりも、個人的に情報収集した方がいいかもしれません。ランキングサイトを参考にします。世間一般的なランキングもあれば、個人開設サイトの個人的見解のランキングサイトもあります。

もっと読む

一戸建てを安く手に入れる

困る男の人

建築制限をメリットに

雑誌やインターネット上の不動産物件情報を見ていると、時折「再建築不可物件」という言葉を目にすることがあります。そしてたいていの場合、そうした物件は市価に比べると価格がかなり割安になっています。再建築不可物件とは、その土地に現在建っている建物を取り壊した場合、そのままでは再び建物を建てることができない不動産物件のことをいいます。つまり新築が一切許されない物件ということになります。現在、不動産市場においてはこの再建築不可物件がひそかな人気を呼んでいます。理由は何と言っても価格が安いことです。一戸建てが手に入るのであれば中古でも構わないという人にとっては経済性の高さは大きなメリットとなりますし、貸家として供用するといった使い方をすればそこから収益を上げることも可能です。

リフォームなら可能

特定の物件が再建築不可となるにはさまざまな理由がありますが、基本的には建物の建築後に法律が変わり、改定後の規定を満たせなくなったことが原因です。中でも多いのが接道義務に抵触するケースです。接道義務とは幅4メートルの道路に2メートル以上接していない土地には建物を建てることができないという、建築基準法上のルールです。これに該当するのは主に住宅密集地の奥まった場所にある物件で、道路とはごく細い路地でしか接していないといったタイプの土地です。こうした土地に建つ家屋はかなり古いものが多く、そのままでは住みにくい物件も少なくありません。ただし再建築は不可であってもリフォームは可能なので、手を入れれば快適に暮らすことは十分可能です。マイホームは欲しいが資金が乏しい、という人にとっては検討の余地がある物件だと言うことができます。

注意するポイント

模型を持った女性

多くの方にとって不動産を売ることは、人生のうち何度も経験することではないでしょう。そのためよく分からないまま不動産を売ってしまい、その後後悔される方も多く見受けられます。そのため、注意して売ることが大切となります。

もっと読む

西東京市での土地の売却は

一軒家

ひばりヶ丘にある不動産物件を売却したい場合には、まず相場を知っておく必要があります。その場合にはサイトから物件情報を入力すると無料の一括見積をとることが出来ます。あくまでも概算額でありもっと詳しい額を知りたい場合は実際に物件を見てもらって算出することが出来ます。

もっと読む